スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2018の投稿を表示しています

月刊ゴルフダイジェスト様から取材を受けました

  今回のテーマとなるのは、パッシブトルクについてなんですが、 私自身パッシブトルクの概念を知ったのはもう何も年前になり 、整理がついた現象なので今更感が少しあったのですが、石川遼プロが最近クラブをフラットにおろす動きで注目を浴び、パッシブトルクが、さも 「魔法の動き」 のような感じで一人歩きしているそうです。 私のウェブサイトにも、「パッシブトルク 石原」なんて言葉で検索されて上位に来ていることから、不思議に思ってネット上を徘徊してみると、うじゃうじゃとそれに関連するコンテンツが出てきて驚いています。 実は私のYouTubeでは、2015/06/03に公開しています。 ね!だいぶ昔の話です。 <パッシブトルクが独り歩き> 多くのサイトに共通する内容として、 「クラブを開いて下ろすので閉じることができる」という概念の元話が進んでいるので、その「パラダイム」から抜け抜け出せずに堂々巡りしている感が否めませんでした。 また、クラブを開くことにより、「体や腕にトルクを感じることでパッシブトルクが起きる」なんてものまでもありましたが、これはパッシブトルクではなく「筋反射」のreaction反応で、どちらかと言うとプレッシャーポイントの話なので、「うーん?」となったわけです。 <パッシブトルクは魔法の動きなのか?> 今回月刊ゴルフダイジェスト様からお声がかかったのも、「魔法の動き」として崇められている、「パッシブトルク」は、実際にどうなのか?という疑問を持った記者さんから疑問を投げかけられたのがきっかけです。 今回のテーマは非常に深いため、 取材前の前取材があり、2回目の取材 となりました。 私の個人的な意見としては、 「パッシブトルク」は、あくまでも「現象」であり、「魔法の動き」とは考えていません。 パッシブトルクを簡略的に説明すると、 ベクトル上を動いている「動点」に乖離している重心が収束する。 というだけの話なので、一般的に言われているプレーンから見て「アンダー」であるのが、パッシブトルクが発生しやすい位置であるといえますが、真逆に代表される「前倒し」の動きにおいても同じです。 「前倒し」を教える先生は、日本にたくさんいらっしゃいますが、実際に打ってもらうと、綺麗に「プレーン上を動いている」のが分かります。 このことからも、ベクトル上を動いている「動点」に乖離している重

3ヶ月半で35ストローク改善

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッスン回数は10回ちょっと・・ ショートゲームは一切教えていないので、コレを磨けば100切りは簡単でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ ラOOップは3ヶ月で100切り保証なので負けてますが汗 もう長年やっていると、このような方が沢山いらっしゃるので、あまり驚きはしませんが、嬉しい限りです。 最近他の生徒様から頂いたメッセージ メンバーであるコースの片手シングルを目指していらっしゃる方で、80前後で停滞している所、私のレッスンを受けに来ていただいております。 今まで色々な所で、習って来た方ですが、私のレッスンは、ヒッタをベースに考え、科学的根拠を入れたハイブリットな方法なので、「今まで聞いたことも、見たこともない」と感じてくださっているようです。 ヒッター自体が、ゴルファーの20%ですから、一般的に考えられている理論と違うのは間違いないと思います。 新しいスイング理論に、「ワクワク」取り組んでいただいており、ゴルフの楽しみが何倍にも増えたと、嬉しいコメントをいただきました。 2018年1月現在で、片手ハンデのスコアーを達成したとの報告を頂いています。   3ヶ月は我慢してください レッスン始める前に、良く聞かれるのが、何回受ければ、又はどれくらいで 上手くなれますか? なんてナンセンスなことを・・ 聞かれることが多いので、3ヶ月はかかりますと答えます。 そして、「ヒッターとは?」のお話を聞いて頂き、「Timing issue(タイミングの要素)」ができるだけ少ない、スイング構造の設計図をお話します。 そして、スイングも構造を180度ひっくり返しますので、人によっては初期でメタメタになる可能性もありますが・・ それでも受けますか?と聞き、一応了承を得てから取り組みます。 私がゴルフやスイングをどのように考えているか 1人1人にカスタムするので、ここに書き切れるほど単純ではないのですが、折角なので少し自分のレッスン方法や考え方を書いてみます。 1・スイングをスクリーニング まずはスイングを見せて頂き、現状どうしたいか?どうなりたいか?期間は?等をお話の中から探り出していきます。 2・基本が

ヒロホンマ パーシモンウッド Hiro Honma 4W

パーシモンと言えば本間、メタルがはやる中で最後までパーシモンを作り続けた伝統の有るメーカです。 このモデルは、多分メタルに移り変わるギリギリのころのクラブではないかと思います。 ですからクラシカルパーシモンと比べ、美しさを残したまま、計算されたシェープ等至る所にテクノロジーが凝縮されているのがわかります。 今回はパーシモンのシャフト交換及び、ライ角の調整をおこなってみたいと思います。 まずは糸を切りシャフトを切断 今回はカーボンシャフトが入っていたので、木と一緒に切ってしまいました。 その時にライ角をフラットにする為にネックを少し斜めに切りました。見て頂くとわかるのですが、ネックが非常に細く繊細なのがわかります。 良くこれで折れないなと感心させられます。これも本間のクラブの美しさを出す技術なのでしょう・・ ライ角を調整 本当はネックを穴埋めしてドリルでフラットに穴を空け直すつもりでしたが、ネックが華奢なので予定変更。 穴をギリギリまで広げてシャフトを斜めにさしてライ角を調整しようと思います。 オリジナルは55度でしたが、角度をつければ52~53度まで持っていく事は可能なはず。 穴を広げた後、シャフトを刺して確認 シャフトとヘッドのギャップを埋める為に、アイアン用のソケットをつけ接着です。 今回のシャフトはダイナミックゴールドX-100のテーパーです。テーパーの細さを生かしギリギリまで角度をつけてみました。 接着と整形 ボンドが乾いた後確認です。フェースの向きもド真っ直ぐにする為に当然シャフトは右刺しです。少しくの字に角度がついているのがわかります。フェースの向きをいじるとロフトが立ち過ぎてしまいますので注意しましょう!! ギャップが目立ちますのでこの後ボンドでパテ埋めして行きます。 糸を巻く時にギャップが出来ないように,シャフトにもボンドを盛っていきます。乾いてはボンドを乗せ乾かすの繰り返しです。 乾燥後、ヤスリで整形して行きます。 糸を巻いて強度を出す 最後に糸を巻くのですが、シンガポールにはパーシモン用の糸を見つける事が出来あかったので、釣り糸と,バトミントンのガットを買ってきました。 釣具屋に、最初に切ったた糸を持参し、これと同じ物をくれと店主に言ったら、目を丸くされ What kind of fish do you catch? といわれました。釣り糸にして

カナダと日本のスイングの違い

先日日本の実業団とカナダとの国際試合があったので見てきました。 ソフトボールといえども球を打つことに変わりないので、日本とカナダではスイング意識が違うのかという観点で見てきました。 力学的に見ても色いろ違いはあるのですが、わかりやすいよう今回はダウンスイングとフォローについてビデオにしてみました。 やはり思った通り、スイングは意識は全然違い、日本はスイング、カナダはヒットする意識の違いがはっきりと見て取れました。 日本のピッチャーはコントロールが良く優秀で、カナダはどちらかと言うと振り遅れが多く見受けられました。 試合は日本がコツコツとヒットを出して勝ちましたが、カナダは長打が多ホームランもありました。 重いソフトボールだと、ヒットのほうが当たり負けが少ないのかもしれません。