スキップしてメイン コンテンツに移動

T.P.Mills リフィニッシュ オイルカンフィニッシュ

先日、ヒッター用のパターをもう一本作ろうとebayでT.P.Millsを落としました。

当然古いパターだったので,有る程度覚悟していましたが、到着して現物を見ると驚く事がたくさんありました。

傷や錆はしょうがないとして、致命的な欠陥を見つけてしまい唖然。

シャフトの太さが今のクラブの基準よりもかなり細く、現代パターのシャフトが入りません(泣)

写真だけじゃわかるわけありません・・・

ライ角を調整する為に重要なので,一応セラーにはクラブの素材を聞いていましたが,

シャフトのことまでは聞いていませんでした。

激細!!



しかも送料下げる為に、アメリカ人の友達の家に一旦送りシャフトを切ってシンガポールに送ってもらったのでシャフトも30cmぐらいしか無い・・・・

その後調べていると、ペンシルシャフトという物なら入るらしいですが、

コンセプトがヒッター用のパター製作の為、パターと言えども固く重くする為にDG-X100を刺す予定。

当然コンセプトに合いません。

現物を見ながら、あ~無駄使いしてしまったと後悔しながらもとりあえず放置

1週間ぐらい経過後、クラブを眺めていると、ピント閃きました!!

細いシャフトの上からシャフトをかぶせてしまえば良いじゃん!!

この方法ならいける!!と,確信したので、まずはクラブヘッドのりフィニッシュから取りかかります。

サンドペーパーで、錆と黒い皮膜をとっていきます。


皮膜をとっていくと、結構大きい傷やへこみが有り手作業では取り除けない感じです





しょうがないのでベルトサンダーで少し削りながら大きい傷を落とし、
フェース面は平面を有る程度出す為にヤスリで平らに手で削ってしまいました。



仕上げに、サテン仕上げ用の細いワイヤーブラシで細かい傷を取って(正確に言えば微量の傷をつけながら)仕上げます。本当ならさらに細かい目のサンドペーパ等で磨き込んでいけばつるつるになるのですが自分が使う物なのでこの辺でやめておきました。



次は錆が出ずらくする為に皮膜をつけて行きます

ガンブルーかオイルカンフィニッシュにするか迷ったのですが、クラブ自体が古いので、ガンブルーのソリッドなイメージよりもヌラヌラとした少しつやの有る黒の方がカッコイイのではないかと思いオイルカンフィニッシュにする事に決定。

ここで豆知識なのですが、錆は有る程度進行が進むと錆は止まります。錆が錆を止めるというやつです。上記両者とも皮膜をつける行為ですが、両者とも酸化させる事で錆を止めます。ご存知の様に錆も酸化の一種なので酸化させて錆び難くするという訳です。

現状は、何も皮膜が無いむき出しの状態なので,放置しておくと軟鉄故にすぐに錆びてしまいます。次の作業をする前に、もう一度ヤスリをかけうっすらと浮いた錆をけずります。そしてクラブに付いた手垢やオイルをアセトンで綺麗に拭き取りオイルカンの作業に進みます。

バーナーでクラブをあぶっていきます






最終的には青黒くしたいので,1000度以上に熱しなければ行けませんが、このバーナーは1400度ぐらいまで行けるはずなので大丈夫だと思います。。因みに温度によって酸化の進度が変わり,茶色から黒色に変わっていきます。1000度ぐらいで青紫色になるはずです。

有る程度行ったところでこれの登場!ベビーオイルです




これでオイルカンフィニッシュに仕上げて行きます。

ギンギンに熱した所で、ベビーオイルをたっぷりかけ,へらで綺麗にオイルをつけて酸化皮膜をつけて行きます。

火に油を注ぐので屋外の燃える物が無い所で行いました。

本来なら熱したクラブをオイルにドボンとつけるのですが、個人的にオイルをぺたぺた塗って色を調整するのが好きなのでこの方法を取ります。


この方法は、某メーカーのクラブフィッターの方から教わりました。



1000度を越す温度にオイルをガンガンふりかけていくので火が出てきました。たぶんこの燃えている中には、ボンドのかすが残っていてそれに引火したものだとおもいます。

色も良い色になり,ヌラヌラとした黒に仕上がっています。ここに肉を置いたら綺麗に焼ける事でしょう(笑)
後はさましてベビーオイルを塗って完成です。

次は組み立てに入ります

シャフトを写真の様に短く切り、シャフト表面を荒らしボンドの付きをよくします。



オリジナルは写真のように、ヘッドが雌、シャフトが雄となるのですが,オリジナルのシャフトを”ツナギ”にしてDG-x100を被せるように接着しました。

組み付け完成です

色入れをして今回はシンプルに全て白で統一しました。


































最後に重要な、ヒッターの為のチューニングを施します


シャフトの長さは35.5インチ。ヘッドにはアイアンヘッドと同じような感覚になるように、一部分に鉛をベタベタに貼ってE0までスイングウエイトを上げて行きます。ライ角もPwと同じにします・・

ここまで読んでえっと思った方は鋭い!

そう,パターの形をしたアイアンを作っていたのです。 スペックは全てPWと同じです。ライ角を極端に曲げる為に軟鉄のパターが必要だったという訳です。

このパターは、アプローチと同じ感覚,打ち方で打てるので,アプローチの打ち方,感覚を共有する事が出来るという訳です。ですからアプローチを練習しても、パターを練習しても、1粒で2度おいしいという訳です。

もともとスイングやアプローチでは,肩を回して行くのに、なぜパターだけ振り子の様肩を上げ下げしなければいけないのか?という疑問から私のコーチが開発した打ち方です。

過去のスイング名手達が、グリーン上に上がると、窮屈そうに屈んで打っていたり,スイングの名手はパターの名手では無い事も歴史背景から見て取れます。





上記でも説明した様に、感覚を共有できなのが大きな原因ではないかと思います。

本当はアイアンと同じグリップにした方がいいのですが,ビンテージ感を出す為に革のグリップを装着して見た目にも拘りました。






























コメント

このブログの人気の投稿

ゴルフスイッチ出演

  アンタッチャブル柴田さんと、稲村亜美さんのゴルフスイッチにパターコーチとして出演させていただきました。 柴田さん、稲村さん、関係者の皆様ありがとうございました。 お二人のトークにどう入っていいかわからず、流石プロだなと関心しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。 放送は2022年5月だそうです。

2019年ゴルフダイジェスト レッスンオブ・ザ・イヤーにノミネートされました

  今回レッスンオブ・ザ・イヤーにノミネートされた方々は以下 今泉健太郎 Dr Kwon &吉田洋一郎 南秀樹 若林功二 以下順番敬称略 と 私、石原健太郎 となります。 投票は2月28日までとなっております。 もし、応援してもいいよという方は、以下をご参考の上投票いただければ喜びます。 僭越ながら、今年のゴルフダイジェスト、レッスンオブザイヤーにノミネートされた記念に、2014年以降控えていた、「ヒッター」、「パッシブトルク」、「床反力」、「フェースを開いたまま打つスイング」「Trail Side Swing」 等、「 ゴルフレッスンでしかお話していない」 ゴルフ技術論などを今後公開して行きたいとも考えています。 <ゴルフへ行こうWEBにてご紹介頂いております> 【レッスンオブザイヤー】ノミネート5人の飛ばし演説⑤「左肩は開いてOK。 体の回転がスムーズに!」石原健太郎プロ https://golfdigest-play.jp/info/17249601 投票の仕方 1. レッスン・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた5組の中から、素晴らしいレッスンをしたと思う1組の名前 2. クラブ・オブ・ザ・イヤーの3部門(ドライバー・アイアン・その他)にふさわしいと思うクラブ名 3. 読者大賞にふさわしいと思う作品名、作者名、または人物名 以上の3項目(ジュニア部門は不要)と、あなたの氏名、年齢、住所、電話番号、職業、ゴルフ歴、ハンディを明記して、下記あてにご応募ください。●ハガキの宛先 : 〒105-8670 ゴルフダイジェスト社「2019アワード」係(住所記入不要です)●eメール : 2019award@golf-digest.co.jp 注意)ウエブでは、2019awards@・・となっていますが、2019award@・・・です。Sが多いようです 締め切り ハガキは2019年2月28日(木)消印有効 eメールは2019年2月28日(木)受信分までプレゼント 投票及び発表リンクは以下となります http://www.golfdigest.co.jp/digest/award/2019/

5月5日 三重 エイムポイント講習のお知らせ

  ローモンドカントリー倶楽部にて、エイムポイント講習会を行います 人数に限りがございますのでお早めにお申し込みください。 日時 5月5日 10時から    5月6日  満席 場所 ローモンドカントリー倶楽部 住所 〒519-0222 三重県亀山市両尾町2570-3 定員数 若干名 講師 石原源太郎 >>>お申込み詳細はこちらからご覧ください <お知らせ> エイムポイント講習後に、人数限定でツアーコーチも務める石原源太郎より、KI Putting Worksパターレッスン会を行います。 ツアー選手が受けるコーチングと同等レベルのレッスンが受けれますのでご希望者は事前にお申し込みください。

ゴルフスイッチ

  先日出演させていただいた、アンタッチャブル柴田さんと、稲村亜美さんの「ゴルフスイッチ」が放映されたようです。 興味のある方は以下でご覧になれます。https://tv.golfnetwork.co.jp/p/VGC21G0034P000084536

八千代 エイムポイント講習

本日は海外(ハワイ)からお越しの方にエイムポイント講習を受けていただきました。 あいにく今日は非常に寒く、ハワイから来たお客様にとってはかなり辛いコンディションだったと思いますが、パッティング解析、パッティングレッスンまでのフルコースで受けていただき、来たかいがあったと喜んでいただき救われました。 寒い中最後まで受けていただきありがとうございました。