スキップしてメイン コンテンツに移動

プロゴルファーの目とフィッターの目

よくスイングチェックさせて頂くトップアマの方から連絡がありました。

レッスン内容は、パッティング!!!

なぜ!!!としたのかというと、
この方パッティングやショートゲームが上手で、
自分の型を既に持っているのでレッスン必要ないレベルです。

話を聞いてみると、数本のパターを試しているが、
どこを向いているかわからなくなってしまったとこのこです。

「どこ向いているかわからない」と自己認識しているのは「さすが!」で、
普通の方はこの部分に気が付かない方が非常に多いです。

早速、パター別に狙いを確認してみると、
エースパター以外は全てずれています。

このズレを確認する作業というのを、

私はキャリブレーション(調整)と呼び、
一番初めに行います。

なぜか?

狙った所に構えられていなければ、
それ以降のプロセスは全て無駄(ちょっと言いすぎかも汗)

エラーをエラーで塗り固める、
所謂「負のサークル」に陥ることも珍しくありません。

人に見てもらえば「ズレ」はわかりますが、
自分でその「ズレ」を自己修正できなければ実践では使えません。

この部分が、「私の専門分野」で、
自分でキャリブレーション出来る方法があります。

ただココで1つ疑問が残ります・・

エースパターでは、まっすぐ狙えているのに、
他のパターでは上手くかない・・・

そこでパターを見せていただきき、
構えてみるとすぐにわかりました。

この分野は「フィッティング」の分野なので、
普通のレッスンプロではわからないかもしれません。

なぜ自分にはわかり、プロはわからないか?というと、
以下のバックグラウンドが有るからです。

  • 日本にいた時、某クラブメーカーの職人さんに色々教えて頂いていたのをきっかけに、そのメーカーのクラブの金型を作る工程に携わり、クラブの聖地、姫路でクラブ削りの職人さんに、デザインなどで意見を出していた。
  • シンガポール時代は、元マルマンの技術者の方が立ち上げたクラブフィッティングショップ所属だった時代もあり、そこで色々勉強させてもらいながら、企画販売までをしていた。この技術者オーナーが天才的で、数字にものすごく強く、デザイナーというよりは研究者のような人で、私のクラブに対する我儘を、独自の演算でクラブ強度や素材の強さを割り出しライ角を調整できるFWを作ったり、法線のずれ角、オリジナルのバランスの計り方等数々のアイデアを生み出してきたのを目の当たりにしてきて、この方の影響は少なからず今の自分にもあります。
  • プロフィールにも書いてありますが、クールクラブスで、アメリカのフィッティング技術研修を受けていた。

当然自分のクラブは全部自分で組みますし、
趣味でパーシモンの改造なんて事もやってのけます。



ヒロホンマ パーシモンウッド改造

このことを知っている方からは、「フィッティングショップを開いたら絶対行きたい」、
ぜひ開いてくれなんてことを打診されたこともあります。

手先が少し器用ならクラブの組み立てなんかは誰でも出来ますが、
フィッティングも「プレーヤーのストーリ」に行き着き、
そこを意識して組み立てないとただの「既製品」となるのは言うまでもないでしょう。

話がそれたので戻しますが、

今回の件はシャフトの刺さり方が、
試しているパターはバラバラだったということが構えてすぐわかりました。

そしてエースパターだけは綺麗に面一になっていたということです。

パターには、大なり小なり「狙いを定めるライン」がついていますが、
人間は無意識のうちに他の部分も見ています。

ラインやクラブ形状、つながりや整合性がないと
「違和感」となり、うまく狙えなくなります。

コレは上級者になればなるほど目につきますので厄介です。

ピンパターなんかは顕著で、私はネックの刺さり方や向きがずれていたら
万力で挟んでネックごとまっすぐに曲げてしまうこともあります。
(残念ながら既製品ではココまで考慮してないのでバラバラなことが多い)



以前アプローチ感覚でパターも打てないか検証するために、
PWと同じスペックのパターを作ったときの記事

T.P.Mills リフィニッシュ オイルカンフィニッシュ

その当時はパターに悩んでいて必死でした

今は「パターを専門的に教えている」なんて言ってますが、
過去にもがいていた「点」が今となって線となり繋がっているているのがわかります。

日本の職人さんが削るクラブはきっちり面が出ていますので、
非常に構えやすいとか、美しいと感じるのはその辺りにあるのかもしれませんね・・・

コメント

このブログの人気の投稿

ゴルフスイッチ出演

  アンタッチャブル柴田さんと、稲村亜美さんのゴルフスイッチにパターコーチとして出演させていただきました。 柴田さん、稲村さん、関係者の皆様ありがとうございました。 お二人のトークにどう入っていいかわからず、流石プロだなと関心しながら楽しい時間を過ごさせていただきました。 放送は2022年5月だそうです。

5月5日 三重 エイムポイント講習のお知らせ

  ローモンドカントリー倶楽部にて、エイムポイント講習会を行います 人数に限りがございますのでお早めにお申し込みください。 日時 5月5日 10時から    5月6日  満席 場所 ローモンドカントリー倶楽部 住所 〒519-0222 三重県亀山市両尾町2570-3 定員数 若干名 講師 石原源太郎 >>>お申込み詳細はこちらからご覧ください <お知らせ> エイムポイント講習後に、人数限定でツアーコーチも務める石原源太郎より、KI Putting Worksパターレッスン会を行います。 ツアー選手が受けるコーチングと同等レベルのレッスンが受けれますのでご希望者は事前にお申し込みください。

2019年ゴルフダイジェスト レッスンオブ・ザ・イヤーにノミネートされました

  今回レッスンオブ・ザ・イヤーにノミネートされた方々は以下 今泉健太郎 Dr Kwon &吉田洋一郎 南秀樹 若林功二 以下順番敬称略 と 私、石原健太郎 となります。 投票は2月28日までとなっております。 もし、応援してもいいよという方は、以下をご参考の上投票いただければ喜びます。 僭越ながら、今年のゴルフダイジェスト、レッスンオブザイヤーにノミネートされた記念に、2014年以降控えていた、「ヒッター」、「パッシブトルク」、「床反力」、「フェースを開いたまま打つスイング」「Trail Side Swing」 等、「 ゴルフレッスンでしかお話していない」 ゴルフ技術論などを今後公開して行きたいとも考えています。 <ゴルフへ行こうWEBにてご紹介頂いております> 【レッスンオブザイヤー】ノミネート5人の飛ばし演説⑤「左肩は開いてOK。 体の回転がスムーズに!」石原健太郎プロ https://golfdigest-play.jp/info/17249601 投票の仕方 1. レッスン・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた5組の中から、素晴らしいレッスンをしたと思う1組の名前 2. クラブ・オブ・ザ・イヤーの3部門(ドライバー・アイアン・その他)にふさわしいと思うクラブ名 3. 読者大賞にふさわしいと思う作品名、作者名、または人物名 以上の3項目(ジュニア部門は不要)と、あなたの氏名、年齢、住所、電話番号、職業、ゴルフ歴、ハンディを明記して、下記あてにご応募ください。●ハガキの宛先 : 〒105-8670 ゴルフダイジェスト社「2019アワード」係(住所記入不要です)●eメール : 2019award@golf-digest.co.jp 注意)ウエブでは、2019awards@・・となっていますが、2019award@・・・です。Sが多いようです 締め切り ハガキは2019年2月28日(木)消印有効 eメールは2019年2月28日(木)受信分までプレゼント 投票及び発表リンクは以下となります http://www.golfdigest.co.jp/digest/award/2019/

ゴルフスイッチ

  先日出演させていただいた、アンタッチャブル柴田さんと、稲村亜美さんの「ゴルフスイッチ」が放映されたようです。 興味のある方は以下でご覧になれます。https://tv.golfnetwork.co.jp/p/VGC21G0034P000084536

八千代 エイムポイント講習

本日は海外(ハワイ)からお越しの方にエイムポイント講習を受けていただきました。 あいにく今日は非常に寒く、ハワイから来たお客様にとってはかなり辛いコンディションだったと思いますが、パッティング解析、パッティングレッスンまでのフルコースで受けていただき、来たかいがあったと喜んでいただき救われました。 寒い中最後まで受けていただきありがとうございました。