スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2012の投稿を表示しています

破天荒な振る舞いの裏にある真実

  約4年前ぐらいから、試合に出ることをやめレッスンだけをしていたのですが、 以前の自分を取り戻すべく、試合に参加するようになりました。 最近は練習の時は平均すると、イーブンパーぐらいで戻ってくるのですが、 試合に出ると同じようにいかなく70代後半とか軽く打ってしまいます。 ひどい時は、自分の実力の半分くらいしか 出せていなんではないかと思える時もあります。 練習では絶対でないような球やミスがゴロゴロとでて、 ゴルフが上の空でフワフワしているのが自分でもわかります。 以前試合に出ていた時は、やってもうた~でも、 3オーバーぐらいで止まっていましたが最近は止まらないのです。 何とかしないと復帰する以前の問題だと悩んでいたのですが、 先日の試合で新しい気づきを得ました。 それは心をニュートラルにすることです。 心をニュートラルにすれば 普段の力を発揮することができます。 別に火事場の馬鹿力を 出そうというものではありませんし、 私は必要だとも思いません。 ただアンダーパフォーマンスを防げればと… 普段の自分を出す為に、 どう心をニュートラルにするか? という方法の部分が重要で、 先日の試合で何となく掴んだ気がしたことごシェアしようと思います。 先日の試合も、最近の試合と同じように、 心がふわふわしている自分がいました。 上の空でラウンドしていたのですが、 2番ホールでは、100yをハーフトップしてダブルボギー… 普段ではあり得ないことです。 あ~またいつもと一緒だと。 そこで、昔試合出てた時はどうしてたっけ? と自問自答しました。 試合中ですが、昔のことが走馬灯のように、 次々と頭をよぎります。 以前友達のプロに、 試合でもやる気なさそうにプレーするよね… と言われた言葉を思いだしました… この言葉に、ハッとした気づきをえました。 残りのホールでは、この気づきのお陰で、 大分安定したゴルフが出来ましたし、 何時ものゴルフが出来た様に思います。 結果的には予選も通過して、 次の日もそこそこのスコアーで回れ、 そこそこの順位でフィニッシュしました。 話を戻すと 以前私は試合中こんな事していました、 必要な練習(グリーンのスピードやコース戦略など)を済ませると、 皆が一生懸命練習しているのを脇目に練習せずコースを後にしたり、 朝コースに到着しても練習せずに、スタート15分前ま