スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

T.P.Mills リフィニッシュ オイルカンフィニッシュ

先日、ヒッター用のパターをもう一本作ろうとebayでT.P.Millsを落としました。 当然古いパターだったので,有る程度覚悟していましたが、到着して現物を見ると驚く事がたくさんありました。 傷や錆はしょうがないとして、致命的な欠陥を見つけてしまい唖然。 シャフトの太さが今のクラブの基準よりもかなり細く、現代パターのシャフトが入りません(泣) 写真だけじゃわかるわけありません・・・ ライ角を調整する為に重要なので,一応セラーにはクラブの素材を聞いていましたが, シャフトのことまでは聞いていませんでした。 激細!! しかも送料下げる為に、アメリカ人の友達の家に一旦送りシャフトを切ってシンガポールに送ってもらったのでシャフトも30cmぐらいしか無い・・・・ その後調べていると、ペンシルシャフトという物なら入るらしいですが、 コンセプトがヒッター用のパター製作の為、パターと言えども固く重くする為にDG-X100を刺す予定。 当然コンセプトに合いません。 現物を見ながら、あ~無駄使いしてしまったと後悔しながらもとりあえず放置 1週間ぐらい経過後、クラブを眺めていると、ピント閃きました!! 細いシャフトの上からシャフトをかぶせてしまえば良いじゃん!! この方法ならいける!!と,確信したので、まずはクラブヘッドのりフィニッシュから取りかかります。 サンドペーパーで、錆と黒い皮膜をとっていきます。 皮膜をとっていくと、結構大きい傷やへこみが有り手作業では取り除けない感じです しょうがないのでベルトサンダーで少し削りながら大きい傷を落とし、 フェース面は平面を有る程度出す為にヤスリで平らに手で削ってしまいました。 仕上げに、サテン仕上げ用の細いワイヤーブラシで細かい傷を取って(正確に言えば微量の傷をつけながら)仕上げます。本当ならさらに細かい目のサンドペーパ等で磨き込んでいけばつるつるになるのですが自分が使う物なのでこの辺でやめておきました。 次は錆が出ずらくする為に皮膜をつけて行きます ガンブルーかオイルカンフィニッシュにするか迷ったのですが、クラブ自体が古いので、ガンブルーのソリッドなイメージよりもヌラヌラとした少しつやの有る黒の方がカッコイイのではないかと思いオイルカンフィニッシュにする事に決定。 ここで豆知識なのですが、錆は有る程度進行が進むと錆は止まります。錆が錆を止める