スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(Practice)が付いた投稿を表示しています

3ヶ月半で35ストローク改善

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッスン回数は10回ちょっと・・ ショートゲームは一切教えていないので、コレを磨けば100切りは簡単でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ ラOOップは3ヶ月で100切り保証なので負けてますが汗 もう長年やっていると、このような方が沢山いらっしゃるので、あまり驚きはしませんが、嬉しい限りです。 最近他の生徒様から頂いたメッセージ メンバーであるコースの片手シングルを目指していらっしゃる方で、80前後で停滞している所、私のレッスンを受けに来ていただいております。 今まで色々な所で、習って来た方ですが、私のレッスンは、ヒッタをベースに考え、科学的根拠を入れたハイブリットな方法なので、「今まで聞いたことも、見たこともない」と感じてくださっているようです。 ヒッター自体が、ゴルファーの20%ですから、一般的に考えられている理論と違うのは間違いないと思います。 新しいスイング理論に、「ワクワク」取り組んでいただいており、ゴルフの楽しみが何倍にも増えたと、嬉しいコメントをいただきました。 2018年1月現在で、片手ハンデのスコアーを達成したとの報告を頂いています。   3ヶ月は我慢してください レッスン始める前に、良く聞かれるのが、何回受ければ、又はどれくらいで 上手くなれますか? なんてナンセンスなことを・・ 聞かれることが多いので、3ヶ月はかかりますと答えます。 そして、「ヒッターとは?」のお話を聞いて頂き、「Timing issue(タイミングの要素)」ができるだけ少ない、スイング構造の設計図をお話します。 そして、スイングも構造を180度ひっくり返しますので、人によっては初期でメタメタになる可能性もありますが・・ それでも受けますか?と聞き、一応了承を得てから取り組みます。 私がゴルフやスイングをどのように考えているか 1人1人にカスタムするので、ここに書き切れるほど単純ではないのですが、折角なので少し自分のレッスン方法や考え方を書いてみます。 1・スイングをスクリーニング まずはスイングを見せて頂き、現状どうしたいか?どうなりたいか?期間は?等をお話の中から探り出していきます。 2・基本が

ボールのばらつきを理解してパーオン率を高める

先日Boyと行ったラウンドレッスンの反省を踏まえたレッスンでした。 スイングはかかなりよくなって来ているのですが、スコアーにばらつきがあり、パーオン率もよくありません。 それは何故かと言うと、全てベストの状態でピンに寄るというパターンで攻めているからです。 ミスした時に何処にははずす?又は傾向を理解した上で戦略を練らなければ、 そもそもグリーンを狙っていけないはずなのですが・・ ラウンド中も上記を何度も言っていたのですが、自分自身を第3者的に見ることはまだ難しいのでしょう。 そこで今日は、15分ぐらい同じ目標に打たせ1球1球落ちた場所をマークして分布図を作りボールばらつき傾向を調べてBOYに見せました。 たかだか30球程でもその人の特徴が浮き彫りになってきます。 Boyの場合AとDにボールが横断するように集まっていて、一般的にスイングが安定している人の分布傾向です。 Bは無し、Cは少し・・ BとCのピンポジに寄せるのは難しいのでは?とか これを見ながらいくらでも戦略を立てることが出来ますね! データの取り方ですが、色ペン2色を使い、ナイスショットの色と、バッドショットの色を分けます。 番手別に打った球が目標に対して、どこに落ちたかを確認して印をつけます。 これを繰り返していけば、自分の各番手の癖が見えてくるはずです。 更に細かく分類していくならば、傾斜別にテンプレートを増やしてもいいですし、 ラフや、ライの悪いところから用を増やしてもいいしと、アイデア次第では相当なデーターが取れると思います。 まず手始めに、練習場でデータ取るのもいいかもしれません。 ただコースのデータと混ぜないで別に作ることをお勧めします。 これを比べることで、新しい発見を得られることもあるからです。