スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

月刊ゴルフダイジェスト様から取材を受けました

  今回のテーマとなるのは、パッシブトルクについてなんですが、 私自身パッシブトルクの概念を知ったのはもう何も年前になり 、整理がついた現象なので今更感が少しあったのですが、石川遼プロが最近クラブをフラットにおろす動きで注目を浴び、パッシブトルクが、さも 「魔法の動き」 のような感じで一人歩きしているそうです。 私のウェブサイトにも、「パッシブトルク 石原」なんて言葉で検索されて上位に来ていることから、不思議に思ってネット上を徘徊してみると、うじゃうじゃとそれに関連するコンテンツが出てきて驚いています。 実は私のYouTubeでは、2015/06/03に公開しています。 ね!だいぶ昔の話です。 <パッシブトルクが独り歩き> 多くのサイトに共通する内容として、 「クラブを開いて下ろすので閉じることができる」という概念の元話が進んでいるので、その「パラダイム」から抜け抜け出せずに堂々巡りしている感が否めませんでした。 また、クラブを開くことにより、「体や腕にトルクを感じることでパッシブトルクが起きる」なんてものまでもありましたが、これはパッシブトルクではなく「筋反射」のreaction反応で、どちらかと言うとプレッシャーポイントの話なので、「うーん?」となったわけです。 <パッシブトルクは魔法の動きなのか?> 今回月刊ゴルフダイジェスト様からお声がかかったのも、「魔法の動き」として崇められている、「パッシブトルク」は、実際にどうなのか?という疑問を持った記者さんから疑問を投げかけられたのがきっかけです。 今回のテーマは非常に深いため、 取材前の前取材があり、2回目の取材 となりました。 私の個人的な意見としては、 「パッシブトルク」は、あくまでも「現象」であり、「魔法の動き」とは考えていません。 パッシブトルクを簡略的に説明すると、 ベクトル上を動いている「動点」に乖離している重心が収束する。 というだけの話なので、一般的に言われているプレーンから見て「アンダー」であるのが、パッシブトルクが発生しやすい位置であるといえますが、真逆に代表される「前倒し」の動きにおいても同じです。 「前倒し」を教える先生は、日本にたくさんいらっしゃいますが、実際に打ってもらうと、綺麗に「プレーン上を動いている」のが分かります。 このことからも、ベクトル上を動いている「動点」に乖離している重