スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

ついにゴルフスイング真実を見つけた!

なんともキャッチーなタイトルから始まった今回の記事ですが、じつはBrandel Chambleeの記事を引用させてもらったものです。 引用元  Brandel Chamblee Has Found ‘The Holy Grail’ of the Swing 流し読みしてみた すごく簡単に要約すると(流し読み程度なので間違っていたらすみません)、 アマチュア時代はトップアマで、他の誰よりも飛距離が出ていた。 しかしボールを良く曲げるので、スイング改造に着手。 その後スイング改造が功を奏し、PGAトップ100のマネーランキングにランクイン。 変更点は1つ アマチュア時代は、ヒールアップ プロ時代は、ベタ足 2の地面に足をしっかりつけてスイング捻転差を意識するスイングに変更後、お金を稼げるようになったとのストーリーです。 この考え方は、現在の主流になっていますが、彼は警笛を鳴らし、アマチュア時代こそが真のスイングだと述べています。 スイングを改造、お金を稼げるようになったのですが、色々な副作用が出たとのことです。 飛ばし屋から「一般人」へ「体の故障」に悩まされ続けた ベタ足にすることで、安定感を得ることになりましたが、飛ばし屋の影は潜め普通の人となってしまったようです。 ベタ足にして捻転差を使うスイングにしたことで、体のあちこちが故障。 人間はスプリングではないので、そもそも捻転差という発想着眼点がおかしい。 これについては、生徒さんにもよく説明するのですが、筋肉はゴムと同じ性質ではない。というところです。 例えば、トップ迄捻転差をしっかり作っていきます。その後その場で静止しリラックスする事ができますよね? もし筋肉が、ゴムと同じ性質であれば、リラックスすした時点で、パワーが放出されたちまちスイングしてしまうことになるでしょう・・ このことからも、 筋肉はゴムではないということがわかります。 捻転差至上主義の某世界的有名コーチも、抱える有名選手が次々と故障していき、最近理論変更して来てますよね笑 着眼点として意識するのは、肩90度、腰45~50度等の捻転差ではなく、 チェーン・リアクション。そう、連鎖反応です。 この考えは、生物力学のPrincipalとなっていて、Dr Kwonもお話をしていました。 スイング中どうやってその連鎖反応を切ること無く、得たパワーを伝えてい