有料コンテンツ

足のラインにボールがとばないわけ

更新日:

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。

ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・

多くの人がこの足のライン、または平行もう一つ平行に引いた、イマジナリーライン(仮想ライン)以後 (IL)、の先に、「ターゲット」を設定して練習しています。

この練習をしたことがある方ならわかると思いますが、このILに球を飛ばすことが、「いかに難しいか」理解できると思います。

以前の私は、なんとか、ILに打とうと必死に練習し、完璧なスインガーとなってしまったわけで、ILに打とうとコントロールしようとすればするほど、「ボールは散らばり」、ILに打てるのは、10球中数発がいいところ。。

ここで一歩下がって考えてみると、一般的に考えられている、「ILに球を飛ばす必要があるのか?」「そもそも飛ばせるのか?」

と考えてみるとおもしろいかと思います。

結論から言うと、私はILに飛ばすことをしません。

今思えば、その当時、単なる知識不足(プレーヤー時代だから仕方ないですよね)なだけだったのですが、D-planeの一部を使えば、簡単に「ILに飛ばすことの無意味さが理解出来ます。」

この先を、「読み進んでいただければ理解できる」ようになっていますが、

大事なのは、冒頭でお話した、ILと実際に飛んでいく「センディングライン」の「OO」を理解することのほうが、ILに飛ばすことに「躍起」になるより「遥かに重要」であることを理解して頂ける内容となっています。

この概念を理解すると、

・構えてから「モジモジ」することがなくなる

・どこを狙えばいいか理解出来るようになる

「タイミングの要素」を排除していく、「ヒッター」との相性も抜群で、ヒッターの「秘密」とも言いかえられるほどです。

D-planeとは?

2017年ぐらいから日本でもこの言葉が定着してきましたが、新しい理論ではありません。

私が知ったのも、かれこれ5年以上前、海外にいたときにその概念を知り、調べたり、プロ仲間に聞いたりしてディスカッションしたことを覚えています。

(コンテンツ内容 公開+未公開 計6023文字)

この先のコンテンツは、note にて、3980円で有料公開しています。(7月末まで)
お支払いいただきコンテンツをご覧ください。

足のラインにボールがとばないわけ

免責事項

コンテンツ目次

  1. 足のラインに飛ばすのがいかに難しいか?
  2. 足のラインと実際のボールの飛んでいく「OO」を理解することが大事
  3. D-planeとは?
  4. D-planeの一部を使い足のラインに飛ばすことの無用さを理解する
  5. プレーンについて
  6. プレーンはたくさんある
  7. ダウンブローアッパーブローのメカニズム
  8. スイングをOとして考えてみる
  9. Oとして考える際に重要な2つのポイント
  10. ターフが取れる仕組み
  11. ダウンブローを意識しなくても、2つのポイント(点)を意識すれば自然に取れる
  12. アッパーブローで打つ仕組み
  13. 2次元では易しいのに3次元にするとアッパーブローが難しくかしくなる訳
  14. ボールが足のラインに飛ばないまとめ
  15. D-planeを利用
  16. スインガーが何故難しいのか?
  17. プッシュアウトは悪なのか?
  18. 幻想のイマジナリーライン
  19. 2つのポイント(点)を可変させることによりボールをコントロールするヒッター
  20. 最後に原理原則を理解すると良い訳

(コンテンツ内容 公開+未公開 計6023文字)

この先のコンテンツは、note にて、3980円で有料公開しています。(7月末まで)
お支払いいただきコンテンツをご覧ください。

足のラインにボールがとばないわけ

免責事項







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-有料コンテンツ

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.