Golf Mind Short Game

アプローチで短く握るのが嫌いなわけ

更新日:

おかげさまで、最近「ショートゲームレッスン」増えてきて、色々な方とお会いすることが増えたのですが、アプローチでクラブを短く持つべきなのか?どうか?

という質問が何回かあったので、自分の見解を述べてみたいと思います。

結論から言うと、私は「短くもちません」。

因みに「英語」では、チョークダウンなんかと呼んだりします。




ウェッジは短く持ちましょう?

アプローチではコントロールを重視するために、クラブを短く持ちましょうと教えるレッスンが存在することも知っていますし、否定するつもりもありません。

でも私は、「クラブを短く持つこと」はしません。

たくさんあるゴルフクラブをどうやってコントロールする?

ゴルフクラブは「14本」まで持つことができます。

あなたはこんなことを思ったことありませんか?

「何で14本もあるんだ?」

私は遠い昔思ったことがあります。

「長さ」や「ロフト」、「重さ」、「形状」が微妙に違うものが「14本」もあるわけです。

当然感覚は、「全て同じ」というわけにはいきません。

もし野球やテニスと同じように、「一本だけ」であれば、そこそこ練習すればうまく打てるようになるかもしれませんが、ゴルフの場合、14本もあるわけですから、それぞれのクラブに「微妙に感覚をあわせていく」必要があります。

どんなクラブでも同じですよ

今でこそどんなクラブでも同じですよ・・・

何て言っていますが、選手時代は、もっと「繊細な世界」で生きてたため、微妙な違いにも「非常に神経質」になっていました。

アマチュアの方であっても、同じように感じる方は多いと思います。

上記で述べたように、それでなくとも、「14本もあるクラブ」を、意識しているか?否か?を問わず、「微妙に調整」しているわけですから、さらにチョークダウンして、「長さを調整」するなんてことをしていたら、途方もない「練習量」と「バリエーション」が必要となるのでは?と思う訳です。

ですから、できるだけ感覚を変えないためには、「短く持つ」という選択肢は「考えられないと」いう訳です。

例えばパターが35 in、 ウェッジが、 35 in ~35.5 in あたりだと思いますが、もしウエッジを、短く持つようなことをすれば、32~33インチの辺りを持つことになります。

すると、「どんなクラブにも当てはまらない感覚」になってしまい、「新たな感覚」を再度構築していかなければいけません。

私の場合、同じ感覚でクラブを振りたいと言う「哲学」が根底にあります。

アプローチでは、「チョークダウン」するべきだと、過去に教えられて「試した」事もありましたが、「実戦向きではない」と採用しませんでした。

「感覚を同じにするだけのために練習」をするというのは、「生産性が低い」と私は感じます。

練習量のあまり取れないアマチュアの方であれば、特に意識しなければならない部分ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

それでは、世界の何処かでお会いしましょう!







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Mind, Short Game

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.