「 kentaroishiharaの記事 」 一覧

no image

Golf Swing

フェースが開いてもフックする事をD-planeでは説明出来ない

2015/08/01  

高速カメラの普及でスイングを 誰でも細かく確認出来るようになりました。 肉眼だけでレッスンしているプロは もう殆ど絶滅状態では無いでしょうか? 私たちが身近に使っている高速カメラの更に上の 超高速カメ ...

no image

Biomechanics

飛距離を出すコツを生物学的見解からみてみた

2015/04/23  

Dr Kwon氏の生物力学では、グラウンドフォースを、 沢山使うようにと説明しています。 飛距離を出す公式は、 F(フォース)とCOM(センターオブマス)の距離×|F|=|M|(マグニチュード(モーメ ...



no image

Aimpoint

3月エイムポイントダイジェスト

2015/03/29  

千葉カレドニアンゴルフクラブにて開催しました エイムポイントエクスプレスレベル1&2、チャート、 そして、今年初のレベル3&4を開催いたしました! <a href="https://www.ke ...

no image

Aimpoint

エイムポイントやる際に気を付ける事

2015/03/21  

ヨーロピアンツアーから公式に、 エイムポイントの使用方法注意点が発表されました。 以前書いた記事、 エイムポイントを使うなら知らないといけないルールに加え、 「ラインでは無く」「帯び位を目安」に、 「 ...

no image

Biomechanics

生物力学から見たローリーマキロイ

2015/03/09  

昨日から続いた、Dr Kwon氏の生物力学講習を何とか修了しました。 今日の内容はかなりハードで、1つの要素を他の要素と絡めたり、 相対的に説明するために、方程式と方程式をどんどん1つに纏めて有る物が ...



no image

Biomechanics

足裏分布圧だけじゃ生物力学を語れない

2015/03/09  

DR KWON氏による生物力学の講習1日目が終わりました。 生物力学と聞き、専門用語多いと思い内心ビビってたが、 スポーツ解剖学などをで使われる聞き慣れた用語が多いので以外にすんなり理解できました。 ...

no image

Aimpoint

エイムポイントを使うなら知らないといけないルール

2015/03/01  

「多くの一流プロ」が「エイムポイントを使用する」のを目にするようになり、 「エイムポイントインストラクター」として喜ばしいことですが、 「エイムポイントが普及する」に当たり「風当たりが厳しくなってきた ...

no image

Club & Tuning

コブラ・トラスティーラスティー3ラウンド使用後再度調整へ

2015/02/24  

先日のウエッジ盗難事件から新規ウエッジ導入後3ラウンド終えました。 テスト後の各クラブのインプレッション 50度は110y強 55度は90y強 60度は狙った距離がでているも、45y当たりから狙った方 ...



no image

Aimpoint

エイムポイント取材受けられるグレーゾーンの内容

2015/02/18  

ゴルフダイジェストが、韓国向けに制作した、 エイムポイントHOW TO ビデオです。 今までエイムポイント取材をお断りしてきたのだけれど、 「この辺までなら喋って良さそう」との事。 **このYOUTU ...

no image

Biomechanics

ロングヒッタードラコンチャンプに学ぶ飛距離を出す下半身の使い方

2015/02/15  

先日ケルビンミヤヒラ系コーチに見てもらいたっぷり練習しました。 まずは、ケルビンミヤヒラ氏のアイコンとも言える下半身の動かし方です。 投稿 by Asian Golf Institute. コンセプト ...

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2019 All Rights Reserved.