For Golf Beginer Golf Mind Round

わからないものは素直に聞いたほうが早い

投稿日:

5月、ゴールデンウィーク中に、「ラウンドレッスン」をおこないました。

今回ご参加していただいた方は、以前 、「エイムポイントを受講して頂いたAさん」と、「1年間私のところにスイングレッスンで通っていただいているBさん」との3名でのラウンドレッスンでした。



ラウンドレッスンなのにまわらない!?

聞くと、日本では「ラウンドレッスン」と言っても、「プロは回らずについていく」と言う形式を取るところが「多い」いらしいですが、私の場合、ラウンドレッスンでは、「私もしっかり回る」ようにしています。

レベルの差はあれど、「打った球」や、「コース戦略」、「考え方」などを「実際に現場で見せる」ことによって、「どのようにスコアを作っていくか?」「肌で感じてもらいたい」と思うからです。

今回ご一緒したAさんが、以前、「他のインストラクターのラウンドレッスン」に行っとき、「同行ラウンドを拒否」されたそうで、「実際に現場で打って」もらおうとすると、「悪い例」ばかりを見せてくれる(それしかできない?)ので、「良いイメージがわかず残念だった」と言っていました。

ラウンドレッスン前に課題を確認

生徒様たちにはラウンド前に、「今日の課題」と、「どこを中心に見てもらいたいか?」確認して、ラウンドを開始しました。

Aさんからは、「ラウンド全般の戦略及びエイムポイント」のおさらい。

Bさんは、再度100切りを目指している(以前1回切っている)ので、「100を切れるようなコース戦略や考え方」を、中心にラウンドを進めていきました。

ラウンド中に起こる出来事に、「ひとつひとつ向き合っていく」ことは、「非常に大切」でありながらも、「どのように対処していいか?」「向き合っていいか?」分からないということが多いと、生徒さん達は言っていました。

そんな時は、「私の出番」です。

曲がりなりにも「海外で試合を転戦」していましたので、「状況判断」や「打ち方」、「心の持ち方」などは、「お手の物」です。

練習場では、「スイングメカニズムや形」を教えられても、 「シチュエーション別」に、「どのように対処するか?」までは「教えられない」ので、「ラウンドレッスン」というのは、「非常に貴重な存在」だと思います。

ベストスコアー更新なるのか?

ラウンドが後半に差し掛かるにつれ、「再度100 切りを目指している」、Bさんの「100 切りが現実」となってくると、「応援するようなラウンド」になっていきました。

「残り2ホール」では、「ティーショットをミス」して、「ピンチ」かと思われましたが、以前一緒に取り組んだ、「100ヤード以内の打ち方」をしっかり行い、その後の「リカバリー」を きっちり行うことで、うまく乗り切ってくれました。

地力がついてきている証拠です!

最終ホール上がるまで、スコアのことを聞かなかったのですが、 なんと「95」と言う、素晴らしい結果で「ベスト更新」を達成してくれました。

もういくどとなく、このような「ベストスコア更新」に、「立ち会っている」のですが、 「自分のことのように嬉しく」思います。

Bさんのように確実に上手くなるには?

「分からないこと」を、「自分の努力で解決していく」という方法は、素晴らしいと思いますが、それにかける「労力」、「準備」、「手間」を考えると、「非常に遠い道のり」となり、「生産的だと言い難い」と思います。

以前の私は、「分からないこと」は、「自分で解決する努力」を、惜しまず行ってきましたが、「お金を払って」でも、「学んだほうがが早い」ということを、「実体験」からも「経験」しているので、今は、「わからないこと」は、「スペシャリスト」に「教えてもらう」ことにしています。

「インストラクター資格」として持っている、「生体力学」なんかは、ゴルフをやっているだけでは、「絶対に得られない知識」なので、「教えてもらう」という感じです。

もし、あなたが、「スコアが出ない」で悩んでいるのであれば、ご相談ください。

今回ベストを更新したBさんのように、「喜んで」取り組まさせていただきます。

それでは世界に何処かで会いましょう!







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-For Golf Beginer, Golf Mind, Round

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.