Golf Swing

スイングタイプって意識したことありますか?

更新日:

大きく分けるとスインガーとヒッターの2タイプに分けられ、
あなたも聞いたことあるかもしれません。

しかし多くの方はこれを「定義」するすべがないのも事実で
なんと無く打ち込むからヒッターとか汗

インストラクターでもこれを定義できる人は
あまりいないのではないでしょうか?

実はちゃんと定義する方法はあります。

一般に出回っている理論の大半がスインガータイプで、
私の提唱する「ヒッタータイプ」というのは殆どいません。

ただ面白いことに「ボールストライカー」と
言われる人に多いのが「ヒッター」です。

もっと突っ込むとヒッターだけでは
カバーしきれないのですが・・・

まずは以下のビデオを見て下さい。

二重振り子のカオス現象と言われるもので、
見ていただくとランダムに加速したり
減速したりするのが見てとれます。

一般的に世に出回っているのが上記の動きを
「どのように制御するか?」

に着目されてデザインされています。

「バンプ」とか「グリップスピードを可変させて」とか
聞いたことあるフレーズだと思います。

「走らせるためにはどこかを止める」必要があったり、

非常に「繊細」なので

「シャフトが寝てはいけない」

などのフレーズもありますね・・

世の中には「シャフトプレーン」に降ろす
「ボールストライカー」がたくさんいますので、

なぜ「シャフトが寝てもボールが打てるのか?」や、

「寝かせても活躍している人がいるのか?」
説明できなければ本来いけませんよね汗

あまり毒吐と面白く無いのでこの辺で・・

スインガーは必ず「タイミング」という要素が出てきます。

私達はこれを「Timing issue」なんて呼ぶのですが、

「Timing issue」があるかぎりスイングを安定させるには、
気の遠くなる「時間」と「努力」と「お金 笑」が必要とされます。

これが「スインガー」の定めでもあるといえます。

ですからゴルフが上手くならないのは「必然」で
仕組みを理解していない人に習っても

「あまり上手くならない」

なんてことが起きても
不思議ではありません。

話をもどすと、

スインガーのように、タイミングを

「どのように制御するか?」

に着目されて考えるより、

どうやって「二重振り子のカオス現象」に

代表される動きを「制御するのではなく」

「元々無いスイング」をするか?

に着目してデザインされた

「ヒッター系」を目指せばいいのでは?

という結論に達すると思います。

kentaroishihara のコピー

以前からこのような事は言ってきているので、
簡単に書くつもりがまた長くなってしまった・・・

それでは世界の何処かでお会いしましょう!







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.