スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

CAPTO (キャプト)パッテイングストローク解析機

CAPTO (キャプト)をご存知ですか? 日本でもちらほら散見されるようになったイタリア製のパッティング解析機です。 以前から、Aimpointファウンダーマーク氏が使っていて、インストラクターコンフェレンスにも、CAPTO (キャプト)データーを使って実験結果を出していたので、実は日本で販売されるだいぶ前から知っていました。 なぜ今導入したのか?と聞かれたら、時代の流れ・・とだけ言っておきます(笑) さてどんな計測器なの?ということで、以下エンジョイ&ゴルフスポーツ様から引用 わずか47g、秒間400回のセンシング、マルチセンサー搭載によりパッティングのメカニズムを丸裸にします。解析項目は実に多様ですが、わかりやすいインターフェースでパッティング技術のフィードバックを可能にしました。 つまり、ミリ単位でパターの動きを検知できるスグレモノにも関わらず、グリーン上でレッスンする際の持ち運びの手間も掛からない、ポータブルな解析機となります。 計測されたデータはタブレット端末で容易に見ることができ、16項目にも及ぶデータを見ることができます。 Face Shaft Lie Angles Track Arc Angles to Track/Arc 3D motion Lanch Energy Rotations Impact Sweet Spot Handling Trembling Accelerations Tempo 普通のレッスンではこんなにいらないよというぐらい盛りだくさんです。 <3Dで実際に動かせる> 数字を見てもピンとこない方には、3Dモーションも用意されていて、こんな感じで表示再生することもできます。 またビデオ解析では見えない、KERNELというパットの軸なども表示されて、自分のプレーンや軸を確認することができます。 この概念は、生体力学のFunctional Swing Plane(FSP)に似ているなと個人的には思います。 <新しいレッスン方法> トラックマン等、弾道解析器が一般的になってきて、科学的見地からのアプローチが多くなりました、それに伴い、レッスンも従来の方法と新しいレッスン方法と2極化してきているように感じます。 どちらが良い悪いという意味でなく、方向性が違うという意味です。 従来の方法は、模範回答があり、反復練習を繰り返し模範に近づける