Golf Swing

ダウンスイングのおろし方それでいいの?モンキーシーモンキードゥー

投稿日:

最近は色々な練習器具や高性能なビデオ、iPhoneで手軽に出来る解析アプリなどが普及し、誰でも簡単に無料でスイングを解析出来る様になりました。

この便利さが実は落とし穴だったりします。

簡単に解析出来るのは喜ばしいですが、

解析した所で地図を持っていなければ宝の持ち腐れと成ります。

解析してどのように変えて行くか?が重要と成ります。

そもそも解析の方法が間違えているかもしれません。

画面に線を引いてスイングプレーンを確認する・・・

これiPhoneで誰でも出来ます。

友達で取り合って、オンプレーンとか、

何とか話し合っているのを練習場で見かけます。

プレーンを確認する時には、ダウンスイングとフォロースイング両方確認して、
3次元でスイングプレーンを確認しなければオンプレーンかオフプレーンか分かりません。

ただダウンスイングだけ確認している人が多いようです。

本当にプレーンを見たい時には後ろから線引いただけじゃ駄目だという事です。

これも地図を持っていない典型的なパターンと言えます。

話が脇道にそれたので戻しましょう

オンプレーンに乗せる事も大事ですが、

どのような経緯でオンプレーンに乗るかを知る事がもっと重要です。

見かけだけプレーンに乗っていても、

そこにフィーリングが無ければ再現性は低いと言えます。

例えばオンプレーンに乗せた状態の途中の位置、

テークバックでクラブが腰の位置を3時、

フォローを9時としましょう。

巷で言われている、9時-3時ドリルというやつです。

3時が正解なのだから、プロもみんな3時に下ろしてるからと、
トップの位置から、3時にめがけて一気に下ろす・・・

どうなると思います?

大抵はオーバーザトップ(OTT)になります。

キャスティングとも呼ばれていて、

俗にいうアウトサイドから降りてくる事を指します。

それはなぜかというと、目はクラブよりもかなり上にあります。当然ですが・・

クラブを握り上から見ている為に、

本人は3時のつもりでも2時から落ちてきます。

目線のズレです。

もし、目がグリップエンド後方についていれば

このような事は起きにくいと思います・・

更に言及すると一般的なダウンスイングは、

直線的に3時の位置に降りてくるのに対して、

ボールストライカー達は、
結果的に3時に入ってきますが3時に入ってくるルートが全然違います。

クラブが降りるルートが違うので、
プレッシャーポイントが生きてきます
ので、

そこには感覚が宿ります

ですから再現性が高くなり、

生きたスイングが出来る様になるという訳です。

もしあなたがダウンスイングで3時に下ろす際に、

真っ暗な暗黒に向かってクラブを下ろしている様な感覚があり、
恐怖を感じているのであれば、たとえ3時に下りていたいたとしても

間違いだと言えます。

それはあなたが地図を持っていないからです。







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.