Golf Mind

ショットデーターをとったらどうするか?

投稿日:

今回はGIRタクティクステンプレートでとったデータを、どう生かすかについて考えて行きたいと思います。

まずは自分のデータを眺めて、
番手別の精度を確認して見ましょう。

ナイスショットの点より、
バッドショットの点が多ければ、
そのクラブは機能していないことになります。

コースで使えばミスすると思って構いません。

なので普段から練習するように心がけ使えるようになるのと、
使えないうちはコースで触らないというのも1つの方法です。

打つクラブがなくなったく何て言わないでくださいね(笑)

どうしても使う必要があれば、
ミスするとどこに一番落ちているかを確認しておき、
ミスした場所がターゲットになるように狙いを定めることで、
計算された棚ぼたを打つ確率が高まります。

もう一つ、ショートアイアンと
ミドル、ロングアイアンの落ちる場所を、
比べて見てください。

スイングが確立していない人の傾向として多いのが、

ドローヒッターを例にあげると

・ショートアイアン→ きつめのドロー
・ミドルアイアン → ストレートたまにドロー
・ロングアイアン → フェードないしスライス

フェードヒッターの例

ショートアイアンから
長くなるに連れて曲がり幅が大きくなる。

こんな傾向になると思います。

それはクラブフェースのコントロールが
うまくできていない証拠です。

アームローテション不足によって、
フェースが閉じきれずにインパクトしているといえます。

長いものだけ軌道が変わっている人もいるかもしれませんが、
これまで話し出すとスイング理論にまで発展してしまうので、
ここでは割愛させていただきます。

ある程度スイングが安定している人は、
全番手同じような結果になってくるはずです。

ここでも面白いことがわかるのですが、
例えば、全番手同じような傾向にあるのに、
5番だけ逆玉が出る、又はキャラクターが違うとします。

その場合は、5番のクラブスペックを他と比べて見てください。

エラーが出ている可能性があります。

メーカの表示は結構いい加減で数字通り出ていないことが普通です。

また、もしエラーが出ていないとしても変更するべきです。

私達は機械ではないので、グリップの入り方が、
ほんのわずか違うだけでも違和感が出て、
違う動きをしてしまうことがあるくらいですから…

実際にとったデーターでボールの出玉、曲がり幅を
一定に揃えることの方が重要です。

私のクラブも測るとバラバラだったりします。
意図的にですが…







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Mind

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.