Golf Swing

ダウンスイングのプレーンシフトとてこの原理

更新日:

ダウンスイングでプレーンをシフトさせるという概念があります。

プレーンをシフトさせなくても打てることは打てるのですが、
プレーンをシフトさせる事で、そこにプレッシャーが生まれます。

一度開いたギャップを再びシャフトプレーンに近づけていくので、
私たちはこれをクローズギャップと呼びます。

プレッシャーが生まれるとそこには、「フィーリング」が宿ります。

なので名手の多くは、プレーンをシフトさ
せスイングに「命を吹き込みます」

これが生きたスイング。

プレッシャーが宿らないスイングは再現性が乏しく、
ダウンスイングも何処に下ろして良いか分からなくなります。

プレッシャーは、「ゴルフ世紀の発見」と
言われる由縁でもあります。

私のスイングは、巷では「野球振り」とか、「プレーンから外れている」、
「とんでもないフラットスイング」とか、

「石原流のヒッター」で、あれは「ヒッターで無い」ので、
奴の罠にハマるなとか・・酷評をありがたく頂いております。

「プレッシャーを作り出す」と言う
明確な理由から意図的にフラットに下ろしているのです。

フラットに下ろす理由は他にもありますが、
長くなるの割愛します。

後方2次元から「線を引いただけ」の
「オンプレーン絶対主義スイング理論」を
支持する人には理解できないことでしょう。

これは以前から私が言っていることです。

さて、縦の動きから横の動きに移行する際に、
重要になってくるのが「てこの原理」です。

d2

私のパターンは、ヒッターの動きに適しているので
取り入れていますが、パターンは他にも有ります。

実際このスイングの中に、
「2つのてこの原理が」入って混ざっていますので、
「完全なヒッターになっていません」(汗)

本当はてこの原理、1つにしたかったのですが、スインガー時代の名残の動きで、2つ入ってしまいました(汗)

実はレッスン最中に、生徒さんに具体的なイメージを伝えるために、その場で撮影して見せた動画を編集しました。

いきなり打ったので、癖が出てしまったんだと思います。







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.