Golf Mind

高弾道低スピンボール

投稿日:

先日、学生時代からの仲で、今は社会人トップアマの友達と、
ラウンドする機会がありました。

その日は生憎の強風。

ラウンドしながら、色々な気付きやヒントを貰えたのですが、
その中で大きなヒントになったのがスピン量。

私は昔から、高スピンの為、弾道を低くすることで対応していました。

しかし、近年色色なプロと回っていると、
高弾道で低スピンに打つ人が増えてきています。

一番飛ぶ弾道ですね・・

特に「若いプロ」などにその傾向が強いと思います。

私も感化されて、高弾道にしようとロフトを増やしたり、
キャビティーバックのアイアンにしたりと進化?してきました。

もうスピンの時代ではなく、
高さで止める時代に入ってきているようです。

「200yを超高弾道で7アイアン」で平気で打ってくる時代です。

私も負けずに「時代の流れに乗ろう」としているわけですが、

相変わらずスピンは多く、普段はあまり気にしていなかったのですが、
先日、社会人トップアマの友達とラウンドしたときに、自分の球の弱さを痛感しました。

彼の球は、弾道も低いのですが、もの凄く低スピンで風に影響されないのです!!!

本人はもう少しスピンを入れたいと言っていましたが、
私にとっては羨ましい弾道でした。

これを何とかしないと行けないと考え、
「あること」を思いつきました。

次回はそのあることをラウンドで試してきましたのでレポートしたいと思います。

IMG_5537







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Golf Mind

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.