Short Game

距離感はイメージから

更新日:

今日ショートゲームクリニックで行った内容の
一部をシェアします

  1. 目標を見て素振りをして距離感をイメージします
  2. 視線を落としボールをみます

この状態から2~3秒以内にボールを打つようにするとうまくいきます。

なぜなら、まだ脳内では、距離感のイメージが強く、
今見た景色(距離)が脳裏に焼き付いているからです。

ボールや振り幅など雑念に集中する前に打ってしまうのが

距離感を合わせるコツとなります。

どれくらいの幅で振るなど考えないで大丈夫なの?

心配無用です、

脳というスーパーコンピューターが、
見た景色(距離)から、過去の膨大なデータを引っ張りだして、
瞬時に筋肉の電気信号を送り適切な距離感を作り出してくれます。

 

では、どうやってその景色(距離)をインプットするか?

答えは、ゴルフ以外でも普段生きるために使っている
ごく当たり前の距離感の感じ方を採用することにより、

脳が複雑な演算をしないでもゴルフという
特殊な動き用に対応できるというわけです。

というのを、
ショートゲームクリニックで行いました。







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

3

プロの間でもよく見かける光景ですが、練習場などで、「アライメントライン」をおいて練習している人を見かけます。 ターゲットを意識すればするほど、「モジモジ」なかなか構えてから打つことが出来ない・・ 多く ...

-Short Game

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.