Golf Mind Short Game

過去との決別をし未来へ進むパッティングの姿

投稿日:

私のパッティングページには、「私はパターが下手でした」と始まっています。

パッティングレッスン

これは何を意味するかと言うと、「過去との決別」を表し、もう今までの自分ではないと言う決意の表れでもあります。

心理学的にも、「パターが下手だったけども今は違う」と、自分の「フレーム」をずらすことによって、「パラダイムシフト」が起こります。



今回レッスンさせていただいた中学生の女の子

ゴルフ歴は3年、30台で回ることはあるが、「パッティングがパッとせず安定しない」と、お父さんからの依頼でレッスンさせて頂きました。

まずはじめに、彼女も打っている姿を、5分ほど眺めさせてもらい、原因がどこにあるのかすぐにわかりました。

多くの人は基準がずれている

ここで詳しく書けませんが、「自分の感覚」と、「一般的基準」との「乖離」によるものが原因でうまくいかないと言うことがわかりました。

今回レッスンした彼女だけではなく、「今まで見てきた人」ほとんどの人に当てはまることで、特に珍しいことではないのです。

私も同じく「過去」には、「ずれて」いました。

早速彼女の「基準」を、「一般基準」に合うように、「キャリブレーション(調整)」することにしました。

キャリブレーション後

キャリブレーションをしっかりした後に、再度ボールを転がしてもらい、「基準」と「ストロークの乖離」に意識を向けてもらうことにしました。

こっから先は、「感覚」の領域になり、別の方法でアプローチしていきました。

当の本人も驚いていたようで、今までいかに「基準」がずれていたか理解したようで、自分でストロークを調整し、「自己修復」することに成功しました。

最初のテストでは、レール上にボールを転がすこともままならなかったのですが、「自己修復」後は、かなりの確率でレール上を転がすことができるようになったのです。

「彼女」の「ニコニコ」している姿を見ていれば効果の程は明らです。

最後に、冒頭でお話しした、「私はパターが下手でした」と、声を出して言ってもらい、過去との決別をして完了です。

それでは世界の何処かでお会いしましょう!







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-Golf Mind, Short Game

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.