有料コンテンツ

シャフトプレーンを3次元で確認するアナログな方法

更新日:

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。

2012年に教育用として制作した短いビデオを再編集したものですが、現在においても有効で、アナログながら3Dで手軽にプレーンを確認する方法をご紹介致します。

動画再編集した際に、2012年の時点で、私自身が見えていない部分を補足、簡単なヒッターの動きにも言及しました。

この先のコンテンツは、note にて、500円で有料公開しています。
お支払いいただきコンテンツをご覧ください。

シャフトプレーンを3次元で確認するアナログな方法をみる

免責事項

必ずご確認ください

動画自体が、シンガポールで撮影した古いものを、再編集したので、クオリティーが低いことをお詫びします。また、コンテンツの特性上、返品、返金には応じられませんので、同意の上御覧ください。(動画コンテンツ3分45秒+補足記事)







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-有料コンテンツ

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.