Golf Swing

フォロースルーで左肩が上がる

投稿日:

さて,前回からの続きですが、元々私はスインガーだったので,フォロースイングで左肩が上がっていました。

一般的なレッスンでは,肩は背骨と水平に回すと聞いたことがあると思います。

ゴルフ界の80パーセントはスインガーだと言われているので,当然と言えば当然ですが、ヒッターはこの動きをするとパワーロスを起こします。

肩が水平に動く(振り子運動)ではヒッターの命とも言えるピボットのスピードが落ちてしまうからです。

今までヒッターのメリットをいる色々書いてきましたが,唯一の弱点を上げるとすれば、ピボットのスピードが落ちた状態です。

これが起きると目も当てられない悲惨な状態に陥ります。

これをピボットストールと呼びます。

ピボットを強く早く回すためにヒッターはアグレッシブに回転をしていかなければ行けません。

そこで重要になってくるのが、縦と横のプレッシャーです。

いずれ詳しく書きたいと思いますが、この二つのプレッシャーを上手に使っている選手をご紹介します。

またまたのびてしまいますが、ビデオ後半に登場している動きを次回ご紹介します。







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.