Golf Swing

アウトサイドインを治す考え方とヒッターの有用性

投稿日:

前回のOTTを直すドリルについて今日は書いてみましたが、ちょっとヒッターも絡めているので、質問者の質問にダイレクトに答えられていませんが、そこはご愛敬というと事で‥

前回の記事はこちら

アウトサイドインに振ってしまう人は読んでおいて損は無い記事

OTT撲滅1つ目の方法

バードビューの意識を強く持つために、
野球のバットで野球の素振りを繰り返してください。

その際に、肩を水平に回す意識を持つこと。

縦ぶりの意識が強い方は、肩の回転と言うより、
上下動的な動きをしている人を多く見受けられます。

パターの肩の動きという表現が
わかりやすいかもしれません。

これだとパワーが出ません。

ヒッターは出来るだけ肩を水平に回す様にすることで、
パワーを獲得します。

ヒッターはダウンスイングを、
スインガーよりもかなり低い位置に
降ろすことができます。

簡単にいうと、ダウンスイングを
ダウンザライン(後方線上)見て、

右肩よりも下の位置から降ろしますので、
ここまで低くてもクラブが降りると、
いくら右肩かぶせる動作をしても、

クラブは立ってきませんから、
逆にかぶせる動作をすればするだけ
パワーを生むことが出来ると言うわけです。

ltm6

スインガーはこれをやると、ほぼ100%の確率で
OTTしてパワーロスにつながります。

この動作も、ヒッターの専売特許と言うわけです。

話が飛びましたが、上下動的な方の動きを、
横降りで中和して滑らかにする効果もあります。

次に、バットが通る軌道を腰あたりにして、
地面と水平に動かすようにすること。

野球をやったことがある方ならご存知かもしれませんが、
実際の野球の振り方は、軌道を上から下に振るので、
野球打ちとはちょっと違います。

あくまで地面と平行に振って、
横の円を意識します。

そして右肘の角度と手首を維持して、
リリースをできるだけ遅らせるようにして、
必ずインパクトを作った後リリースしてください。

私がデモすれば良いのですが時間がないので、
生徒さんのビデオを紹介します。

http://youtu.be/z7DqSg8mmGU

インパクトのイメージ

イメージ的には、大リーガーがホームランを打つときの、
インパクトの瞬間を切り取った絵。

または、木こりが斤で水平に
大木を切りつけた形(なんのこっちゃ)

これがインパクトの形になります。

ヒッターの動きに関連付けているので、
スインガーは必ずしもこうなる必要はありませんが、
ヒッターを教えているのでこのように説明しました。

スイングをスムーズに行うためには
道具と体の回転が邪魔しあってはいけません。

スインガーは時としてこのような現象
が起きることがあります。

体の回転1rpm=道具の動き1rpmが理想で、
ロングヒッターにみられる特徴です。

この関係が成り立つので、
体側の回転をあげる練習をしていけば、
強くたたく(ヒット)事ができるのです。

ダスティン ジョンソンなんかが良い例ですね

振るための基本動作お覚えるとかなり良いことあります

余談ですが、最近、ビギナーの方や、ヘッドスピードが遅い方に、
先程のあらゆるスポーツに共通する動き、
"振るための基本動作"を教えています。

この動きのを15分ほど練習した後、
球を打ってもらうと20yぐらい軽く飛距離が伸びます。

効率の悪い動きしていたので
あたり前といえばそれまでですが、

明らかにヘッドスピードが速くなるので、
体験して頂いた生徒さんのリアクションを見るのが面白いです。







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.