Golf Swing

フェースが開いてもフックする事をD-planeでは説明出来ない

投稿日:

高速カメラの普及でスイングを
誰でも細かく確認出来るようになりました。

肉眼だけでレッスンしているプロは
もう殆ど絶滅状態では無いでしょうか?

私たちが身近に使っている高速カメラの更に上の
超高速カメラを使ってインパクトを調べていると
面白いことが分かってきます。

フェースが開いた状態でもフックを打つことが
出来ることが分かってきたのです。

今日本では、トラックマンの普及で、
D-planeが流行っているらしいですが、
こちらでは「10年ぐらい前に言われていて」、

「5年ぐらい前」には既に

「あ〜あれね」役に立たないよね・・汗

なんて知り合いのプロ達が
話していたのを思い出します。

以前は、同じエイムポイントインストラクターの、
「ジョン・グラハム」が結構説明していましたね。

表には出していないのですが、
私も以前D-planeを解説した動画をYouTubeに上げていました。
(非公開にしてるので探しても出てきませんのであしからず)

d-plane

見て頂くと分かるのですが、2012年、3年前の話ですね・・遠い目

D-planeの「新飛球線理論(New Ball flight low)」は、「フェースの向きの方が」、
「スイング軌道」よりもボールのシェープに影響を与えるというものでした。

確か、70~80%対20~30%とかそんな感じだったと思います。

この理論によると、フェースが開いて(向いている)方に飛んでいき、
スライスがでるというように説明出来ますが、

先ほど上げた、「フェースが開いても
フックが出る」ことを説明出来ません。

そうです、D-planeは完璧ではないかもしれないのです。
(D-planeで商売している人すみません)

ただ、以前の飛球線理論を論破して
新しい基準に成ったことには敬意を払うべきです。

超高速カメラや、解剖学で有名なケビン・ミヤヒラさんは、
D-pnaleで説明出来ないボールの飛び方を説明している、

「Real Ball flight low」(真飛球線理論)と言うのを提唱しています。

まあ、これもかなり前からですが・・

条件が揃うという条件付きですが、
ビデオでは確かにボールが(フック方向に)
ねじれているのがわかります。

https://youtu.be/4WgMmJM_xMo







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.