Golf Mind Golf Swing

ボールのばらつきを理解してパーオン率を高める

更新日:

先日Boyと行ったラウンドレッスンの反省を踏まえたレッスンでした。

スイングはかかなりよくなって来ているのですが、スコアーにばらつきがあり、パーオン率もよくありません。

それは何故かと言うと、全てベストの状態でピンに寄るというパターンで攻めているからです。

ミスした時に何処にははずす?又は傾向を理解した上で戦略を練らなければ、
そもそもグリーンを狙っていけないはずなのですが・・

ラウンド中も上記を何度も言っていたのですが、自分自身を第3者的に見ることはまだ難しいのでしょう。

そこで今日は、15分ぐらい同じ目標に打たせ1球1球落ちた場所をマークして分布図を作りボールばらつき傾向を調べてBOYに見せました。

たかだか30球程でもその人の特徴が浮き彫りになってきます。

Boyの場合AとDにボールが横断するように集まっていて、一般的にスイングが安定している人の分布傾向です。

Bは無し、Cは少し・・

BとCのピンポジに寄せるのは難しいのでは?とか
これを見ながらいくらでも戦略を立てることが出来ますね!

それでは世界の何処かでお会いしましょう!







1

レッスンしたお客様から、平均140だったのが、この3ヶ月半、先生と一緒にスイング作りに励んだら、先日105で回ることが出来ましたと報告をいただきました。 ちなみに、この方はゴルフ歴ちょっと・・で、レッ ...

2

現在2018年では、ギアーズ等3D解析が盛んになり、試したことがある方も多いと思いますが、わざわざ施設に行かなければいけなく、手軽に練習場でチェックするには向きませんね。 2012年に教育用として制作 ...

-Golf Mind, Golf Swing

Copyright© KENTAROISHIHARA.net , 2018 All Rights Reserved.